スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラがない時の対応

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------
いつもご覧いただき誠にありがとうございます。


スカイプ、直講習受講者の方は、ご登録お願いします。
お名前はフルネームでお願いします。

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 


※既に登録済みの方は、登録できませんが、随時ご案内するのでご安心ください。

------------------------------------------------------------------

すみません、毎日、更新はできていませんが、
できる限り短サイクルで更新しますので、ぜひご登録お願いします。


毎週の動画配信を開始しました。(年額2万円のみ)

ロウソクトレードを順張り、逆張りに活用し、大きな利益を積み上げている方などの動画も新インジと共にご紹介していきます。
----------------------------------------------------------------
ボラがない、とよく聞きますが、相場環境によりボラが出やすい時、小さい時、一定はしていません。

どんな状況であっても取りに行くための準備、確認が必要です。

ボラがないからエントリーがない、エントリーしても利食いできない、ということはありません。

これに当てはまるのは、トレンドフォロー、利幅を伸ばすための逆張りです。

ロウソクトレードは基本的に直近のボックス幅を対象にするので、ボラが小さい時であっても、

10や15pips程度のボックス幅は常に存在します。

ボラが小さい時は、30や50pipsを狙う方々も厳しい状況ですが、ロウソクトレードは、30、50pipsを一気に狙うことはないので、それも当てはまりません。

要は、どんな相場状況においてもコツコツ型のスタイル、ということになります。

地味ですが安定できることに優位性があります。

ボラが小さい時、そうでない時でも、エントリー対象を確認することは必須です。

例えば、30分足を基準にする場合、30分足の最新のレジサポをエントリー対象にするのは基本中の基本です。

ただし、抵抗ラインは最新のラインだけではありません。

既に確定済みのラインもエントリー対象です。(動画配信します。)

30分基準であっても、60分足のラインもエントリー対象にできます。

抵抗ラインであれば全てエントリー対象です。

注意点は、5分や15分のラインは強いとは言えないので、30分以上の足のラインをエントリー対象にします。

抵抗ラインは、足だけでなく、前日高値、安値、これも強い抵抗ラインです。

これらの抵抗ラインさえ確認できれば、後は15分や5分で合致条件に当てはまるペア待ちをするのみです。

ロウソクトレード用ツールマニュアルを使っている方で、迷いがある方は、エントリーポイントをぜひ画像などで送ってみてください。

添削します。この繰り返しで確認すべき点を明確にしてください。

焦りやはやりが先行すると、確認しているようでも漏れが発生することも多々あります。

最終エントリー確認だけはきっちりお願いします。



迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------


















-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。